マイナチュレが無添加にこだわる本当の理由

マイナチュレが無添加にこだわる本当の理由

マイナチュレの育毛剤には、11種類もの注意が必要な添加物が入っていないことをウリにしています。ところで、添加物が一切除かれているということで、どんなメリットがあるのでしょうか

マイナチュレがこだわっている本当の理由について考えてみましょう。

マイナチュレが取り除いた添加物とは

マイナチュレが頭皮にとってダメージ成分になり得ると判断し、無添加にしたものは、次の11種類です。

<マイナチュレが排除している11の添加成分>
香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・タール系色素・紫外線吸収剤・合成ポリマー・動物性原料・酸化防止剤・シリコン

これらの添加物は厚生労働省によってリスク管理されているので、基本的には制限された使用量であれば一生使っても大丈夫だと言われている物ではあります

でも、海外では既に使用禁止になっているものや、発がん性が認められるなどで量によっては体にダメージを与える恐れがあると言われているものも混じっています。

育毛剤は毎日付けないと効果が表れないものでもありますし、毛穴からダイレクトに体内に浸透するものの害については注意を促す情報もあります。さらには、産後や妊娠中の女性も使うことを想定しているので、可能な限り安全な製品にしたいという想いで無添加にしているのでしょう。

マイナチュレが無添加にこだわったもう一つのワケ

マイナチュレが無添加にこだわるのには、もう一つの理由がありました。

それは無添加にすることで、本来の有効成分の効果を発揮しやすくするという新発想がもとになっています。

あまりにもいろんな成分を配合すると、中には相殺してしまうような働きも出てきてしまいます。そこで、頭皮へのダメージになると思われる化学成分を排除し、可能な限り自然に近い状態で有効成分の効果を最大限に発揮させようというのです。

結果的に、育毛・薄毛予防・フケ・かゆみ・産後の抜け毛・抜け毛予防・育毛促進・発毛促進・養毛などの効果がはっきりと全面に出てきたので、効果があるとして人気の商品になったのです。

マイナチュレは頭皮に優しい成分をバランスよく配合している

つまり、話をまとめると、効果がはっきり出るように無添加にこだわり、天然成分をバランスよく配合しているのがマイナチュレの育毛剤です。

優しくしっかり効くように作られているものですが、合うかどうかは試してみないとわかりません。自分に合う成分かどうか、一度じっくりと確かめてみてはいかがでしょうか。

マイナチュレのこだわり成分カテゴリの最新記事